独立公認会計士・税理士ブログ

独立公認会計士・税理士ブログは監査法人から会計士として会計事務所を開業するまでと開業してからに悩んだことや困ったことをブログにまとめたサイトです。

Canon レーザープリンター Satera MF644Cdwのレビュー!スモールビジネスにオススメ!

time 2021/06/26

Canon レーザープリンター Satera MF644Cdwのレビュー!スモールビジネスにオススメ!

Canon レーザープリンター Satera MF644Cdwを実際に公認会計士税理士として独立してから購入してみてのメリットやデメリットを含めてのレビューをまとめます!

独立後の揃えた備品などの一覧はこちらにまとめています。

先に結論!

まずはオススメなのかどうかというところで、先に結論を記載します。

少人数でのスモールビジネスならかなりオススメのプリンターです。

オススメしない方

A3を印刷したいという方

A3サイズの印刷ができないので、A3も印刷したいという方には不向きです。

とにかくガンガン印刷する方

サイトの記事でもちょっとしたネットのPDF読むのに印刷する、試算表でもなんでも紙で印刷したいって方は、大型のプリンター使った方がよいです。

購入した経緯

公認会計士・税理士として独立した際にペーパーレスを基本としてやろうと思っていました。

そのため、もともと持っていたインクジェットの安いやつと、安いスキャナーを使って仕事を開始しました。

そもそもPCの書類は、PC上でPDFにできるしプリンターとかスキャナーとかほとんど使わないだろうな、と思っていたので、特に独立にあたって新調はせずに、事業を開始しました。

しかし、なんだかんだで、税理士の登録やら、税務関係の書類が郵送だったり、監査の非常勤で調書を印刷することがあったりで、意外と印刷することがありました。

その際に、インクジェットで印刷すると遅いし、そのあと記入とかすると擦れたり、

郵送書類の提出前の書類をPDFとるのも読み込みが遅いし、有線でUSBをつけないといけなかったり、

という感じで、

ちょっと印刷するたびに、ストレスだなーと感じるレベルでした。

特に印刷してちょっと時間たってもまだ全部印刷できてないとか、PDFにしようと流してもちょっとしてみてもまだスキャン中だったりとかが多く、面倒だなという感じでした。

(安いプリンターと安いスキャナーだったのも大きいと思います。)

その手間やちょっとした時間に対して、投資して解決できるなら、アリだなと思い、レーザープリンターを探していたところ、Canon レーザープリンター Satera MF733Cdwを見つけて購入しました。

メリット

印刷・PDFが早い

やはりインクジェットに比べると格段に早いです。

監査法人や会計事務所に置いてある大型のプリンターに比べれば遅いですが、ストレス感じない程度には早いと思います。

レーザーなので、印刷後に擦れない

レーザープリンターなので、当たり前ですが、印刷後に記入しても擦れにくいです。

恐らく印刷する際には記入するものが多いでしょうから、そこに気をつかなくてよいのは、楽だと思います。

印刷・PDFの機能が豊富

印刷面では両面印刷も対応

印刷面では両面印刷ができるのが意外とメリットです。

インクジェットだと、両面それぞれひっくり返して印刷するものが多いと思いますので、それが表裏で逆になったりして、もう一回ということもないですし。

ただ自分で会計事務所をやってる感じだとそこまで両面印刷することはないかなーとは思います。

OCRに対応していたり、両面読み込みができる、圧縮ができる

OCRという光学文字認識という、いわゆる文字もコピペしたりできるように読み込んでくれるものがあります。

そのOCRも行ってPDFにすることも可能です。意外とファイル名つけたりすることにPDFを読み込んだ後にPDF内の表題をコピペできたりするので、便利です。

クラウド保管した際にサービス(dropboxとかGoogleドライブとか)によっては、OCR対応したPDFだとPDF内の文字も検索対象にしてくれたりしますし。

そして、高圧縮ファイルにすることもできます。

dropboxとか Googleドライブだと、ファイルが見えているが、開くときにはダウンロードして使うという設定になっていたりしますので、

高圧縮でないPDFだとかなり重たくなって開くまでに時間がかかったりしますので、PDFをとる際に高圧縮の機能がついていると便利です。

Adobeのソフトでも高圧縮にすることもできますが、あとで開いて自分で対応することになるので、PDF化する際にあると一手間減るので、その分楽になります。

無線対応している

インクジェットで小型のものでもwifi対応しているものが多くなっていると思いますが、やはり有線よりは無線のほうが楽です。

デメリット

次にデメリットです。

けっこうサイズはでかい・重たい

サイズは結構大きいです。プリンターを置く位置は考えておく必要があります。

特にプリンターのコピー部分を開いたり、手差し部分を開けると結構場所をとります。

プリンターを載せる台もこのサイズに合う台があまりなく、Amazonや楽天で色々と調べてみてもこれくらいしか私は見つけられなかったです。

プリンター乗せてみましたが、意外と下に紙とか予備のトナーが置けるので、便利です。

設定は自分でやらないといけない

リースなどとは異なりドライバーのインストールやPDFソフトのインストールなどは自分でやる必要があります。

PDFソフトや無線の設定などの分、インクジェットに比べても手間がかかりますので、そういうのが苦手という方には、上記のメリットを全て使いたいという方には、若干ハードルがある面はあります。

ソフト自体はCanonのサイトから無料でダウンロードできます。

普通にPCにWEBサイトからダウンロードしたソフトをインストールできるって方なら全然問題なく、対応できると思います。

A3は印刷できない

A3サイズは印刷できないので、A3を業務的に使う可能性があるという方には不向きです。

私が公認会計士・税理士で独立して一人+パートさん1名くらいでの運営(今は一人ですが)では特にA3サイズを印刷することはないので、特に困っていないです。

まとめ

個人的には1名〜5名の会計事務所やスモールビジネスを始める方にはオススメのプリンターです。

安いインクジェットプリンターを買って、印刷するときにインクがでない、

スキャナーの読み込みが遅い・ファイルが重いから、

といって、ちょこちょこ高機能なものに買い替えていくよりは、その手間とコストを考えても投資しても十分回収できるものかなと思います。

機能面やメンテナンスを考えて、リースして大型のプリンター入れるのもコスト面では大きくなってくるかと思いますし、ビジネスをスモールスタートして多少印刷やPDFなどの書類対応があるという感じの方にはぴったりだと思います。

down

コメントする




独立公認会計士・税理士ブログについて

数年前に公認会計士として個人の会計事務所を開業しました。

独立したときを思い出すと、自分で困ったことやわからないことって、
すでに独立している周りの人に聞いて詳しくは教えてくれなかったり、ネットで調べても全然情報がなかったりします。

それ以外にも独立した人ってどんな生活を送っているのかもよくわからないなと独立するまで思っていました。

そのため、自分が実際に独立するまでと独立してからどんな感じなのかをブログにまとめることで独立を検討されている方の参考になればと思い、ブログを開設しました。

検索