独立公認会計士・税理士ブログ

独立公認会計士・税理士ブログは監査法人から会計士として会計事務所を開業するまでと開業してからに悩んだことや困ったことをブログにまとめたサイトです。

公認会計士・税理士の独立は楽しいのか?

time 2020/07/29

公認会計士・税理士の独立は楽しいのか?

独立後に監査法人の先輩後輩や周りの方によく聞かれるベスト3に入る質問です。

「独立してみてどう?楽しい?」「独立されていかがですか?やっぱ楽しいですか?」と

なんで聞かれるのかというと、

とりあえず聞いてみるか、自分も独立が頭によぎるわけではないけどどんなもんなんだろ、ということなのかなと思っています。

あとは夜遅くまで監査室で仕事していて、先に業務がひと段落した先輩から言われる「最近どう?いい感じ?」みたいな、とりあえず聞いてみたみたいな感じかなと。

結論としては楽しい!もあるけど自由であるという点がよい!

独立されている方にもよると思いますが、楽しいという気持ちもありますが、自分の裁量で業務ができるという意味で自由!という点がいいなと思います。

何が楽しいのかという部分

やはり自分の業務が認められるという実感があるという点が大きいのかなと思います。

税務顧問でも直接クライアントとやり取りをするので、色々と対応したりして、直接的にありがとうございます!助かります!と言われると、大変だったけどやってよかったなと思ったりします。

それに税務顧問で色々と対応しているとこんな業務もお願いできないですか?って追加の業務の打診を受けたりすることもあるので、自分の業務が認められた実感が湧きやすいというのはあると思います。

コンサルの業務でも自分の業務が認められて契約が更新されて継続していくと、色々と対応していった部分が認められたのかなと思うこともあります。

楽しい!というより自由という部分

個人的には独立で一番いい部分かなと思います。

時間や業務に対する裁量が大きいという意味で自由であるということです。

決められた時間で働かないといけないということもありませんし、やってみた業務が合わないと感じた場合には、その業務から撤退する選択肢が取れます。

監査法人に勤務していると、決められた時間で勤務しなければならない、自分のやりたくない業務もやらなければならないということが通常です。

監査法人は自由がまだあるほうだと思いますが、それでも大人数が勤務する会社ですから、ルールとして勤務時間はあります。

そして会社員の側面もあるので、自分のやりたくないことだけでなく、工数がかかり採算がとれていないことが明らかな業務であっても監査法人として受託した以上は業務として担当しなければならないこともあります。

独立後はそういった部分は自分でコントロールできるので、その点は独立後の自由としては非常によい部分だと思います。

監査法人でもコロナの影響でテレワークが進み、時間の部分は融通が効くようになっている部分もあると聞きますので、自分が勤めていたときと異なるかもしれません。

時間面では管理が必要ですが、自分のスケジューリングした結果として、平日に休むこともあれば、その分土日にも仕事していることもあります。

子供の面倒をみたり、プライベートな予定を空いてる時間に済ますことができるので、時間面ではかなり融通がきくところです。

業務面でも自分で受けられないという仕事、やってみて違うなという仕事、についても受託しない、契約を更新しない・解除する、という選択肢をとることができます。

もちろん一度受託している業務は更新しないタイミングや解除するタイミングについては、きちんと考えてお伝えすることになります。

当然独立していても嫌な思いをすることはある

もちろん独立していて楽しいことばかりではありません。

今までの中でも、税理士のクライアント様で脱税思考の方からのそういった手法で経費にできないかと相談を頻繁される方がいらっしゃったり、他にも顧問料を払ってくれないクライアントの方もいらっしゃったりしました。

(もちろん脱税になるものは経費にできませんときちんとお断りしています。)

毎週電話がかかってきてこういうので経費にできないかと1時間くらい電話応対したり、顧問料は払わないけど相談の連絡が何度もきたり、当時はストレスに感じていました。

自分に至らない部分もあったと思いますが、継続して業務を続けてもクライアントの方にとっても、あまりいい関係ではないと思いますので、決算が終わったタイミングで、契約の解除をこちらから申し出ました。

(もっとクライアントに踏み込んで、やりやすいようにコミュニケーションとっていけばいいんじゃないの?という考え方ももちろんあると思います。)

そういったケースの場合には、自由の部分で解除という選択肢を取れたことはよかったですが、独立していて自由と言っても嫌なことは当然にあります。というところです。

周りの公認会計士・税理士はどんな感じ?

周りの個人・少人数で独立されている公認会計士・税理士の方でも基本的には楽しいというよりも自由で裁量を持って仕事ができるという点でいいよね!って方が多いと思います。

ある程度の人数がいる税理士事務所を運営されているトップの方は自由でやっているというよりも、大人数の事務所で裁量が大きく自分の事務所が大きく成長していくことややりたいことが実現していくことに楽しさを感じている方もいらっしゃると思います。

総じて楽しい(やりがいがある)!もしくは自由でいいよね!って方が多いと思います!

公認会計士・税理士の独立って楽しいの?まとめ

独立って楽しい?と聞かれると実際のところは「楽しいというよりは、自由で裁量があるところがいいです。そういうのも含めて楽しいって感じです。」と答えています。

もちろん「すごい楽しいですよ!!」と直接答えるのも変に捉えられてしまっても嫌だなというのもありますが。

基本的に楽しいですし、自分のやりたいことができている、自分の仕事に価値が認められて報酬を頂けているという実感があるのは、独立ならでは!だと思います。

独立を検討されている方や独立している方の参考になりましたら幸いです。

コメント

down

コメントする




税理士登録

独立公認会計士・税理士ブログについて

数年前に公認会計士として個人の会計事務所を開業しました。

独立したときを思い出すと、自分で困ったことやわからないことって、
すでに独立している周りの人に聞いて詳しくは教えてくれなかったり、ネットで調べても全然情報がなかったりします。

それ以外にも独立した人ってどんな生活を送っているのかもよくわからないなと独立するまで思っていました。

そのため、自分が実際に独立するまでと独立してからどんな感じなのかをブログにまとめることで独立を検討されている方の参考になればと思い、ブログを開設しました。

検索